読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒髪公民館

堕落した理系大学生のブログ。遊戯王プレイヤーでファーニマルを使って早一年。主に大学生活のこと、遊戯王考察、日記など。思ったまま更新を。

ファーニマルの個別解説 part1

大会は土日にあり、しかも今週・来週の大会には出られそうにないため、大会に行けるまではファーニマルのカードを個別に詳しく解説していきたいです。

ファーニマル・ドッグ

「ファーニマル・ドッグ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが手札からの召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。デッキから「エッジインプ・シザー」1体または「ファーニマル・ドッグ」以外の「ファーニマル」モンスター1体を手札に加える。

万能サーチカードです。1ターンに1度という制約が付いていますが、十分強いです。ファーニマルカードだけでなく、主力の融合モンスター召喚に必要なエッジインプ・シザーもサーチできます。手札にウィングがいるときはベアをサーチし、手札を増やすオウルをサーチして融合の準備や、手札に融合カードを持っているときは、エッジインプシザーをサーチしワンキル、手札補強のためシープをサーチしシープ効果でドッグを使いまわすこともできます。本当に有用。必須ではないでしょうか。エッジインプ・チェーンもサーチできれば本当にいうことがありませんでした。

ファーニマル・ベア

「ファーニマル・ベア」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:このカードを手札から墓地へ送って発動できる。デッキから「トイポット」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。②:このカードをリリースし、自分の墓地の「融合」1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

以前までは融合徴兵等でサーチできるというだけで、さほど価値はありませんでした。正直数合わせ。ですが、ファーニマル・ウィングという黒船がやってきたとたん、トイポットの価値が爆上がりし、連鎖的にベアの評価も上がりました。ベア・トイポット・ウィングの主張セットがあるほどです。もちろんトイポットサーチにも使えますし、融合の数合わせにもなります。上述ですが、融合徴兵・融合準備でサーチできるというのも高評価のポイントですね。単体で動けるカードではないため、採用枚数にはまだ吟味が必要ですが、とりあえず3枚入れれるカードでしょう。

 

とりあえず代表的な2枚を紹介していきました。大会に行けるまで構築を練りましょうか。

スポンサーリンク