黒髪公民館

堕落した理系大学生のブログ。遊戯王プレイヤーでファーニマルを使って早一年。主に大学生活のこと、遊戯王考察、日記など。思ったまま更新を。

【大学入試】無機化学のまとめノート その1【センター対策】

※中盤からまとめノートです。時間がない方はそこまで飛ばしてもかまいません。

 

皆さんこんにちは。10月となり受験生はもうどっぷり受験モードに入っていることでしょう。

 

私はチューターをしており、その中理系の高3の生徒も受け持っています。

勉強方法に関しての質問で多いのは化学に関してなんです。

 

数学や物理は公式を覚え問題を解いていけば、割とできるようになり、一度できるとなかなか忘れないんです。

ですが化学は暗記系の要素が強く、勉強しても以前したところは忘れ……となりがちで、なかなか点数が上がりませんよね。

 

今回から化学のなかでも特に暗記系要素が強い無機化学についてまとめていこうと思います。

といってもいきなり無機からだとびっくりしちゃうため、今回は理論の無機チックなところ(暗記多めのとこ)から始めていこうと思います。全部でたぶんその20くらいまで行きそうですが、とりあえずやってみます。

 

この記事は受験生時代に実際にまとめたノートを基にしていて、私自身このノートを使い勉強し国立大に合格したので、信頼してほしいです。

 

大事な部分はオレンジで書くので、写す場合もそうしていただけると赤シートで隠せます。

印刷しても大丈夫です。センターの場合漢字等が書ける必要話ありません。とりあえず目で視て繰り返して勉強していきましょう。

原子の構造

ボーアのモデル

  • 大きさ 約10^(-8) (cm) (約10^(-10))
  • 1個ずつの電気量

中性子=0 陽子電子

電子配置

  • 内側から数えてn番目の電子核に入る電子は2n^2個まで
  • L殻までは満タン(=閉殻)になってから次の電子核を使う

(例)Na:K(2個まで) L(8個まで) M(1個)

  • M殻以降は8や18個入ったとき(オクテット)も比較的安定なのでその次の2個は一つ外の殻を使う

(例)Ar:K(2) L(8) M(8)希ガス型の電子配置

   K  :K(2) L(8) M(8) N(1)

     Ca:K(2) K(8) M(8) N(2)

  • 典型元素(1,2,12~18族)はヘリウムを除き最外殻電子=族番号の1の位

(例)He(2):K(2)

   Sr(38):K(2) L(8) M(18) N(8) O(2)←5周期(アルファベット5個)2族(2個)

原子やイオンの大きさ比較法

(1)電子配置を書く

(2)電子殻の数が違う→電子殻の数(大)が半径()

 電子殻の数が同じ→陽子の数(大)が半径()

陽子数(大)→電子に対する静電気的な引力(大)

 

スポンサーリンク