読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒髪公民館

堕落した理系大学生のブログ。遊戯王プレイヤーでファーニマルを使って早一年。主に大学生活のこと、遊戯王考察、日記など。思ったまま更新を。

10期開幕!新ルールでも強いシンクロモンスター

スターターデッキも発売され、とうとう新マスタールール本格始動です。

 

新マスタールールで割を食ったのはもちろんEXモンスターです。

 

これまでは深淵に潜むもののように、ピンポイントながら強力なモンスターや、高攻撃力のモンスター・除去効果持ちモンスターを並べることで半端な手札では返せない盤面や、罠やモンスター効果をかいくぐってのワンショットが可能でした。

f:id:gakutai:20170327195322j:plain

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/海竜族/攻1700/守1400
レベル4モンスター×2
このカードが水属性モンスターをエクシーズ素材として持っている場合、
自分フィールド上の水属性モンスターの攻撃力は500ポイントアップする。
また、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このターン、相手の墓地で発動する魔法・罠・効果モンスターの効果は発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

ですが、新マスタールールにより、基本的にEXデッキから出せるモンスターは一体だけとなりました。

 

少し大げさですが、このルールにより、既存のデッキ、所謂展開力があるデッキは弱体化を否応無しに受け、デッキの評価がガラッと変わることとなりましたね。

 

評価が変わったのはデッキだけではなく、EXモンスターも同じこと。

最近評価が高かったバハムート・シャークアルティマヤ・ツァルキンは採用する理由がないレベルになってしまいました。

f:id:gakutai:20170327200022j:plain

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/海竜族/攻2600/守2100
水属性レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
水属性・ランク3以下のエクシーズモンスター1体を
エクストラデッキから特殊召喚する。
このターンこのカードは攻撃できない。

f:id:gakutai:20170327200126j:plain

シンクロ・効果モンスター
星0/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
ルール上、このカードのレベルは12として扱う。
このカードはS召喚できず、自分フィールドのレベル5以上で同じレベルの、
チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、自分フィールドに魔法・罠カードがセットされた時に発動できる。
「パワー・ツール」Sモンスターまたは
レベル7・8のドラゴン族Sモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードは、他の自分のSモンスターが存在する限り、
攻撃対象及び、効果の対象にならない。

評価を落としたEXモンスターが多い中でも、新ルールでも強力むしろ新ルールによって強力になったモンスターもいます。

 

と、いうわけで、今回は、新ルールでも強いシンクロモンスターについて考えていこうと思います。

f:id:gakutai:20170327225525p:plain

一枚立てれば十分制圧!

シンクロモンスターの中には一枚立てるだけで十分な制圧力を持つモンスターもいます。

今から紹介するモンスター+罠 が、リンクモンスターが十分に出そろうまでのシンクロデッキの基本の動きになるのではと考えています。

レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント

f:id:gakutai:20170327230548j:plain

シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守3000
チューナー2体+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。
「レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズ1に発動できる。
このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
このターン、このカード以外の自分のモンスターは攻撃できない。
(2):バトルフェイズに魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にして破壊し、このカードの攻撃力を500アップする。

チューナー2体必要で、少し手間はかかりますが、出せれば強いでしょう!

3500打点+自身以外全破壊です。

リセットカードとしてよく見られたブラックローズドラゴンとは違い、毎ターン打てます。

 

また、バトルフェイズ中に魔法罠が発動すれば無効にしつつ攻撃力4000!

維持できればこのまま押し切れそうですね。

 

ですが、耐性があるわけではない+相手ターンに邪魔できるカードではないため、やはり罠などによるサポートは必要でしょう。

 

おすすめレベル3

神樹の守護獣-牙王

f:id:gakutai:20170404133039j:plain

シンクロ・効果モンスター
星10/地属性/獣族/攻3100/守1900
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードは、自分のメインフェイズ2以外では相手のカードの効果の対象にならない。

特に制圧効果はないですが、自分のメインフェイズ2以外は効果の対象にならない3100打点です

実際に使ってみるとやっぱり頼りになりますし、相手に使われると本当に強いです。

 

何よりうれしいのが、素材の軽さ

レベル10ともなると、アクセルシンクロや素材にシンクロモンスターを指定することが多いのですが、このモンスターは特にありません。

 

唯一のレベル10汎用シンクロといってもよいでしょう

 

おすすめレベル3

クリムゾン・ブレーダー

f:id:gakutai:20170405094838j:plain

シンクロ・効果モンスター
星8/炎属性/戦士族/攻2800/守2600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
次の相手ターン、相手はレベル5以上のモンスターを召喚・特殊召喚できない。

縛りなしのレベル8シンクロ。

戦闘で相手モンスターを破壊すると、次のターン相手はレベル5以上のモンスターを召喚・特殊召喚できません

 

魔導・征竜環境ではよく使われていましたが、ランク4エクシーズや破壊しても墓地に行かないPモンスターが多くなってきたため採用率が下がってきました。

 

Pの弱体化とランク4を並べれなくなったため活躍できるのではないでしょうか。

リンク召喚はどうしようもないですが、リンク先を大きく制限できるのでしょう。

 

打点も2800と申し分なく、制圧効果も強力。

真竜環境では活躍できるのでは?

 

おすすめレベル4

魔王龍 ベエルゼ

f:id:gakutai:20170405224638j:plain

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守3000
闇属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードは戦闘及びカードの効果では破壊されない。
また、このカードの戦闘または相手のカードの効果によって
自分がダメージを受けた時に発動する。
このカードの攻撃力は、そのダメージの数値分アップする。

アルティマヤツァルキンが現役のころは結構見ましたが、最近は闇属性チューナー縛りがキツイようです。

 

ですが、破壊・戦闘耐性と、攻撃力アップはなかなか強力です。

最近ではマスターPメタとしても使えるでしょう。

 

使いやすい闇属性チューナーとしてゾンキャリやジャンクロン、アクセル・シンクロンがいますし、魔術師ならば調弦の魔術師なんかも使いやすいのではないでしょうか。

戦闘・破壊に強いモンスターはEXモンスターが基本一枚しか出せない今はなかなか強力です。

 

おすすめレベルは4

えん魔竜 レッド・デーモン・アビス

f:id:gakutai:20170409193441j:plain

シンクロ・効果モンスター
星9/闇属性/ドラゴン族/攻3200/守2500
チューナー+チューナー以外のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体
「えん魔竜 レッド・デーモン・アビス」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、
自分の墓地のチューナー1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

表側のカードの効果を無効にできるカード。

制圧力はなかなかのものです。

 

効果は申し分ないのですが、やっぱり素材縛りが少し重め。

フィールド依存のデッキが多い今、妖精竜 エンシェントなどを下敷きにして出すのが良いかもしれませんね。

 

相手ターンも効果を使えるのは非常に強く、最近は魔法・罠が展開に使われるため優秀です。

 

シンクロデッキでは先行でアビスか後述のクリスタルを立てれるか否かが勝敗の分かれ目です。

 

おすすめレベル4

クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン

f:id:gakutai:20170405225940j:plain

シンクロ・効果モンスター
星8/風属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、このカード以外のモンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
この効果でモンスターを破壊した場合、
このカードの攻撃力はターン終了時まで、
この効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(2):このカードがレベル5以上の相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。
このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、
戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。

やっっぱり強いクリスタルウィング。

クリスタルウィングをとりあえず出していれば、ほとんどのデッキでは完封できるでしょう。

攻撃力も上がるためモンスター効果に関して最も強いモンスターといっても過言ではないでしょう。

 

以前まではベエルゼと同じくアルティマヤで出していましたが、シンクロモンスターを素材にするため少しきついです。

ですが、バルブやジェットシンクロンなど優秀なチューナーが多いため、シンクロデッキならば難しくなく、やっぱり頼りになる一枚です。

 

すごく強いですが、デッキを選ぶのは事実でしょう。

おすすめレベル4

月華竜 ブラック・ローズ

f:id:gakutai:20170405231130j:plain

シンクロ・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2400/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードが特殊召喚に成功した時、
または相手フィールド上にレベル5以上のモンスターが特殊召喚された時に発動する。
相手フィールド上の特殊召喚されたモンスター1体を選択して持ち主の手札に戻す。
「月華竜 ブラック・ローズ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

一番強いレベル7シンクロモンスター。

破壊耐性が多い今、レベル5以上が特殊召喚されるとバウンスできるのは強力です。

 

蘇生時にも効果を使えるというのも、新マスタールールで最近さらに評価されているリビデなどの蘇生罠とも相性が良いですね。

 

縛りも特になくドラゴン族ですので、デブリ一枚で出せるのもうれしい。

 

おすすめレベル5

クリアウィング・シンクロ・ドラゴン

f:id:gakutai:20170405231608j:plain

シンクロ・効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、このカード以外のフィールドの
レベル5以上のモンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):1ターンに1度、フィールドのレベル5以上の
モンスター1体のみを対象とするモンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(3):このカードの効果でモンスターを破壊した場合、
このカードの攻撃力はターン終了時まで、
このカードの効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。

名前やイラスト、レベル的にクリスタルウィングの劣化のようですが、単純に劣化とは言えません。

 

1の効果はレベル5以上のモンスター効果を無効にし、破壊できる効果

シンクロモンスターや最近の真竜や恐竜など新マスタールールでメインデッキから出てくる大型につよいため、追い風でしょう。

 

2の効果は自身を含めレベル5以上のモンスターを対象とするモンスター効果を無効に出来る効果。

1の効果と合わせて2回効果を無効に出来るので相手によってはクリスタルウィングよりも堅いモンスターになります。

 

出しやすい制圧系シンクロモンスターではブラックローズとならんで強いモンスター。

エクシーズやリンクモンスターには弱目ですが、2の効果と攻撃力アップのおかげで、無価値にはならないのが良いですね。

 

おすすめレベル5

ナチュル・パルキオン

f:id:gakutai:20170409012615j:plain

シンクロ・効果モンスター
星6/地属性/ドラゴン族/攻2500/守1800
地属性チューナー+チューナー以外の地属性モンスター1体以上
(1):罠カードが発動した時、
自分の墓地のカード2枚を除外して発動できる。
このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、
その発動を無効にし破壊する。

素材に地属性を指定しています。

効果は申し分なく、罠をコストが続く限り無効にし続けられます。

 

魔法・罠・モンスター効果で成り立っているゲームですのでその強さは当たり前ですね。

打点は2500とそこまで低くはないですが、高くはないため過信はできませんね。

コストも少し重いですしね。

 

強そうな効果の割に実際には対処されやすい印象。

 

おすすめレベル2

ナチュル・ビースト

f:id:gakutai:20170409013146j:plain

シンクロ・効果モンスター
星5/地属性/獣族/攻2200/守1700
地属性チューナー+チューナー以外の地属性モンスター1体以上
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
デッキの上からカードを2枚墓地へ送る事で、
魔法カードの発動を無効にし破壊する。

素材に地属性を指定していますね。

上記のナチュパルの対モンスターでしょうか。魔法を封じます。

 

魔法は罠と違い展開に使われることが多いため、制圧効果は非常に高いです。

先行で魔法を止められ、普段通りに動けるデッキはPが弱体化した今もほぼないでしょう。

コストはデッキの上から2枚送るだけで、墓地発動の効果も多い現在ではむしろメリットになりますね。

 

地属性の素材も、チューナーとして優秀な地属性・レベル1モンスター、グローアップ・バルブがいるため、地属性レベル4のモンスターを採用するデッキなら合わせて採用すればよさそう。

いつの時代も出されたら降参したくなるカードです。

 

おすすめレベルは4

魔轟神獣ユニコール

f:id:gakutai:20170409011447j:plain

シンクロ・効果モンスター
星4/光属性/獣族/攻2300/守1000
「魔轟神」と名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードがフィールド上に表側表示で存在し、
お互いの手札が同じ枚数である限り、
相手が発動した魔法・罠・効果モンスターの効果は無効化され破壊される。

素材縛りが魔轟神チューナーと厳しく、少しネックですが、魔轟神チューナーとし使いやすい魔轟神獣ケルベラルがいます。

f:id:gakutai:20170409011937j:plain

チューナー(効果モンスター)
星2/光属性/獣族/攻1000/守 400
このカードが手札から墓地へ捨てられた時、
このカードを墓地から特殊召喚する。

縛りが強いのはチューナーだけでなく効果も発動条件もです。

手札が相手と同じ枚数の時のみ使える効果と、無意識ではあまり発動できそうにない条件。

ですが、効果は超強力で、魔法・罠・モンスターのすべての効果を無効にできます。

しかも永続です。

永続クリスタル+ナチュビ+ナチュパルを合わせたような効果で、しかもノーコストです。

 

シンクロ主体のデッキならば出すこと自体はそこまで難しくないと思いますが、効果を使い続けるにはある程度専用構築にしないと厳しいでしょう。

 

おすすレベルは2

虹光の宣告者

f:id:gakutai:20170409020202j:plain

シンクロ・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 600/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いの手札・デッキから墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かず除外される。
(2):モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、
このカードをリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。

器用なモンスター。

手札・デッキから墓地へ行くモンスターを除外する効果と、このカードをリリースすることで万能なカウンターとなるモンスター。

おまけに儀式関連のカードをサーチすることができます。

 

芝刈りや手札誘発、ライトロードなど刺さるデッキは少なくないです。

万能カウンターも当たり前に強く、誘発即時効果なため相手ターンにもバトルフィールドにも発動できます。

 

③はシンクロデッキではおまけですが、儀式系をサーチできる頼もしさですね。

おすすめレベル5

一枚で大きなダメージを!強力効果持ちモンスター

制圧できるカードではありませんが、一枚で一枚以上のアドバンテージを稼いでくれるド派手な効果持ちも、EXモンスターが制限されている10期は重要でしょう。

 

先行で立てておきたいカードではありませんが、中盤・終盤の良いタイミングで出せればフィニッシャーにもなり得るモンスターたちです。

氷結界の龍 トリシューラ

f:id:gakutai:20170404202907j:plain

シンクロ・効果モンスター(制限カード)
星9/水属性/ドラゴン族/攻2700/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時に発動できる。
相手の手札・フィールド・墓地のカードを
それぞれ1枚まで選んで除外できる。

みんな大好きトリシューラ。

 手札・フィールド・墓地のカードを一枚ずつ除外することができます。

除外してしまえば再利用しにくいですからどんどん狙っていきたいカード。

 

相手の盤面を除外できるカードは多いのですが、手札・墓地まで干渉できるカードはなく、しかも打点も2700と申し分ないです。

 

なにより対象をとらない効果ですので、多くの耐性をすり抜けてしまえることが最大の強みとなっています。

 

墓地の肥え具合や、手札枚数など、S召喚するタイミングで強さが何倍にもなるカードですね。

 

おすすめレベル5

源竜星-ボウテンコウ

f:id:gakutai:20170409095837p:plain

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/光属性/幻竜族/攻 0/守2800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分は「源竜星-ボウテンコウ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「竜星」カード1枚を手札に加える。
(2):1ターンに1度、デッキから幻竜族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードのレベルは、墓地へ送ったモンスターと同じになる。
(3):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「竜星」モンスター1体を特殊召喚する。

竜星カードサーチ、幻竜モンスター墓地送り、竜星モンスターリクルートと、一枚でアドバンテージをとりまくるレベル5シンクロモンスターです。

 

ボウテンコウの強さはいろいろな記事で考察されていますね。

bonkula.hateblo.jp

bonkula.hateblo.jp

竜星の九支をサーチすることで万能のカウンター+バウンスができ、このカード一枚で相当な圧力をかけれますね。

竜星の九支

カウンター罠
(1):自分フィールドに「竜星」カードが存在し、
モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし、そのカードを持ち主のデッキに戻す。
その後、このカード以外の自分フィールドの「竜星」カード1枚を選んで破壊する。

 ボウテンコウは墓地へ送られるとリクルートできますし、リフンを②の効果で墓地へ送っておくと、③のリクルート効果でレベル4竜星を出すとまたボウテンコウをS召喚。

また九支をサーチ…と続けれます。

 

素材に縛りはないためレベル5シンクロが狙えるデッキなら、九支とリフンなどの竜星を出張させる価値は大きいと思います。

 

おすすめレベル4

ミスト・ウォーム

f:id:gakutai:20170409103326j:plain

シンクロ・効果モンスター
星9/風属性/雷族/攻2500/守1500
チューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
(1):このカードがS召喚に成功した場合、
相手フィールドのカードを3枚まで対象として発動する。
その相手のカードを持ち主の手札に戻す。

カードを問わず、ノーコストで相手のカードをバウンスできるモンスター。

トリシューラと同じ召喚条件で何かと比べられがちですが、どちらも強力です。

 

トリシューラはフィールドに関しては一枚しか干渉できませんが、ミストウォームは3枚まで触れれます。

壁カードや厄介な魔法罠が多いときはミスト・ウォームを出してもよいのではないでしょうか。

 

2500打点と頼りないため、場を荒らしてもっと大型なモンスターの素材にしてしまってもよいのではないでしょうか。

 

おすすめレベル4

レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードのカード名は、
フィールド・墓地に存在する限り「レッド・デーモンズ・ドラゴン」として扱う。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の、このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つ
特殊召喚された効果モンスターを全て破壊する。
その後、この効果で破壊したモンスターの数×500ダメージを相手に与える。

3000以下のモンスターを破壊できる効果。そしてバーンダメージを与えます。

ほとんどのデッキは特殊召喚に頼っているので破壊力は抜群。

しかもバーンダメージまで与えれるなんて…

フィニッシャーになりうるモンスターでしょう。

 

素材縛りがないレベル8シンクロモンスターにおいて、盤面干渉力はピカイチのカード。

シンクロデッキなら入れておきましょう。

 

おすすめレベル5

ライトロード・アーク・ミカエル

f:id:gakutai:20170409113639j:plain

シンクロ・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2600/守2000
チューナー+チューナー以外の光属性モンスター1体以上
1ターンに1度、1000ライフポイントを払って発動できる。
フィールド上のカード1枚を選択して除外する。
このカードが破壊された時、
このカード以外の自分の墓地の「ライトロード」と名のついた
モンスターを任意の数だけ選択して発動できる。
選択したモンスターをデッキに戻し、
自分は戻した数×300ライフポイント回復する。
また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

チューナー以外のモンスターに光属性を指定していますが、特殊召喚しやすいサイバードラゴンやフォトスラなどがいるため、そこまで厳しくはなさそう。

 

1000LPでなんでも一枚除外はもちろん強いです。

モンスターに限らず,除外できるカードは貴重ですね。

 

また、三枚墓地を肥やせるのも魅力

最近は墓地にいると悪さをできるカードが多いですからね。

 

おすすめレベル3

ブラック・ローズ・ドラゴン

f:id:gakutai:20170409115323j:plain

シンクロ・効果モンスター
星7/炎属性/ドラゴン族/攻2400/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時に発動できる。
フィールドのカードを全て破壊する。
(2):1ターンに1度、自分の墓地から植物族モンスター1体を除外し、
相手フィールドの守備表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手の守備表示モンスターを表側攻撃表示にし、その攻撃力はターン終了時まで0になる。

言わずと知れたリセットモンスター。

墓地が肥えていればデブリドラゴン一枚から全体除去をできるカードです。

シンクロデッキならば一枚は入れておきたいカードですね。

いつでも呼び出せる大嵐+ブラックホールですから。

 

②の効果は使う時があまりないと思いますが、一応覚えておきたいですね。

 

環境が高速化していた9期はリセットしてしまうと返しで負けてしまうことが多く、あまり活躍できませんでしたが、10期では少し低速になりましたのでリセットの破壊力抜群ですね。

 

イラストがかっこいいです。

おすすめレベル5

 氷結界の龍 ブリューナク

f:id:gakutai:20170409174139p:plain

シンクロ・効果モンスター(準制限カード)
星6/水属性/海竜族/攻2300/守1400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「氷結界の龍 ブリューナク」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を任意の枚数墓地へ捨て、捨てた数だけ相手フィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。

元禁止カードでということで、やっぱりエラッタされても強いです。

手札がある限り何枚でも相手カードを戻せます。

 

もちろんバウンス効果の強さもありますが、手札を自由にすてられるレベル6シンクロとして優秀です。

シンクロデッキは墓地に送っておきたいカードが多いですし、手札一枚をバックもはがせる強制脱出装置に変換できると考えれば、禁止カードも当たり前ですよね。

もちろん、禁止になったのはループが原因ですが。

 

打点は2300と控えめで、相手ターンはただの海竜族なので、できれば終盤のエンドカードに出したいです。

おすすめレベル3

古神ハストール

f:id:gakutai:20170409181602j:plain

シンクロ・効果モンスター
星4/風属性/爬虫類族/攻2300/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
墓地のこのカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターは攻撃できず、効果は無効化される。
(2):このカードの効果で相手モンスターに装備されているこのカードが
フィールドから離れた場合に発動する。
自分はこのカードを装備していた相手モンスターのコントロールを得る。

墓地に送られたときに相手モンスターをデモチェ+精神操作。

使いずらさはありますが、非常に効果は強力ですし、何より面白い効果ですよね。

 

レベル4シンクロにしては打点も高いですが、基本的に連続シンクロのワンステップとして使っていきましょう。

 

中盤以降は虹光よりも優先して出していきたいですね。

 

おすすめレベル3

場から離れられるモンスター

EXモンスターをEXデッキから出せる枚数が制限されているため、能動的に自分から場をいったん離れられるカードの評価が上がりました。

裁定上いったんEXゾーンから離れたカードは、戻ってくるときにメインゾーンに戻ってくるため、多くのEXモンスターを展開できるようになるのですね。

スターダスト・ドラゴン

f:id:gakutai:20170409184038j:plain

シンクロ・効果モンスター
星8/風属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):フィールドのカードを破壊する魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードをリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードの(1)の効果を適用したターンのエンドフェイズに発動できる。
その効果を発動するためにリリースしたこのカードを墓地から特殊召喚する。

元祖リリースして戻ってくるモンスター。

真竜やPデッキなど、多くが自分で破壊して効果を使っていくため、使うタイミングも圧力もなかなかのものです。

 

新マスタールールでは自分のサイクロンなどを無効にして場を開けていくこともプレイングの中に組み込まれていくかもしれませんね。

 

効果はもちろん、イラストもかっこいいし、サポートカードも豊富だし、素材もゆるいで言うこと無し

9期では活躍できませんでしたが、新マスタールールでは活躍できるかもしれませんね。

 

おすすめレベル4

PSYフレームロード・Ω

f:id:gakutai:20170409184854j:plain

シンクロ・効果モンスター(制限カード)
星8/光属性/サイキック族/攻2800/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選び、
そのカードと表側表示のこのカードを次の自分スタンバイフェイズまで表側表示で除外する。
(2):相手スタンバイフェイズに、
除外されている自分または相手のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地に戻す。
(3):このカードが墓地に存在する場合、
このカード以外の自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードと墓地のこのカードをデッキに戻す。

ハンデスと除外されているカードを元に戻せるカード。

ランダムで一時的ですが、やっぱり手札一枚を除外でき、EXゾーンを空けれるのは強いですね。

 

2800打点と何かあったら逃げれる効果で場持ちが非常によく、レベル8シンクロに困ったらとりあえず出しておけば一定以上の仕事をしてくれます。

 

おすすめレベル5

PSYフレームロード・Ζ

f:id:gakutai:20170409191916j:plain

シンクロ・効果モンスター
星7/光属性/サイキック族/攻2500/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、相手フィールドの特殊召喚された
表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとフィールドのこのカードを次の自分スタンバイフェイズまで除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
このカード以外の自分の墓地の「PSYフレーム」カード1枚を対象として発動できる。
このカードをエクストラデッキに戻し、対象のカードを手札に加える。

相手の特殊召喚さえれたモンスターと自身除外できる効果。

相手ターンでも発動できるため、展開前にリンクモンスターなどを除外してしまいたいですね。

 

上記Ωと同様、一度場を離れることができる強力さ。

しかもいつでも逃げれるため、相手にするとめんどくさいことこの上ないです

 

いつでも強力なレベル7シンクロとして、一枚ぜひ持っておきたいです。

 

おすすめレベル5

アームズ・エイド

f:id:gakutai:20170409202958j:plain

 シンクロ・効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1800/守1200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に装備カード扱いとしてモンスターに装備、
または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚できる。
この効果で装備カード扱いになっている場合のみ、
装備モンスターの攻撃力は1000ポイントアップする。
また、装備モンスターが戦闘によってモンスターを破壊し墓地へ送った時、
破壊したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

 装備カードとなりEXゾーンから離れることができます。

 

難点としてはレベル4シンクロともう一体並べられるかどうか。

もちろんそろえられれば強いのですが、そうもうまくいかないことも多く…

 

おすすめレベル3

まとめ

いかがでしょうか。

向かい風のシンクロモンスターですが、中にはむしろ評価を伸ばしたカードも多いんです。

 

たまにはデブダンやクジャドルなど、テーマデッキ以外のデッキも組んでみてはいかがでしょうか。

では!

スポンサーリンク