黒髪公民館

堕落した理系大学生のブログ。遊戯王プレイヤーでファーニマルを使って早一年。主に大学生活のこと、遊戯王考察、日記など。思ったまま更新を。

剛鬼紹介!構築・デッキ・回し方・相性の良いカードは?【考察】

新アニメテーマとして新たに判明し剛鬼カテゴリー

イラストや使い手から、熱血なテーマになりそうな予感です!

 

というわけで、新テーマ豪鬼についてみていきましょう!

www.kurokami-cc.com

剛鬼はどんなテーマ?

現状判明しているカードは5枚モンスター4枚(リンクモンスター含む)、魔法カード1枚です。

 

モンスターはすべて地属性・戦士族で統一されており、イラスト、名前からプロレス由来の様子。

f:id:gakutai:20170412224754j:plain

個人的にあまりプロレスは知らないですが、男らしいテーマですね。

遊戯王でプロレス含め格闘技テーマはBKくらいしか覚えていません。

 

いまのところ、

(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「剛鬼○○」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

が、モンスターカードに記載されているため、毎ターン楽にリンク召喚できそう。

ていうか、全カードカテゴリーサーチってやばすぎ。

アドバンテージはほとんど失いませんね。

 

プロレスはやられて新たな相手がでてきて…と、入れ替わりが基本ですからねー。

 

また、ステータスも全モンスター守備力ゼロに統一されています。

カメンレオンのつり上げも役に立つかな?

 

戦士族はサポートの多い種族ですし、リンク召喚においては

地属性というのが大きなアドバンテージに…

剛鬼カード紹介

剛鬼スープレックス

スープレックス

 効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1800/守 0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札から「剛鬼」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「剛鬼スープレックス」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

召喚時手札の剛鬼モンスターを特殊召喚する効果

非常に単純で、便利な効果ですね。

 

リンク2モンスターならばすぐにリンク召喚できるようです。

 

2の効果は雑に強く、戦闘でもシンクロでもリンクでもなんでも、墓地に送られると自身以外の剛鬼カードを手札に加えれます。

魔法も罠ももちろんモンスターもサーチできるのは優秀ですね。

 

名前に関しては技名からきているみたい。

日本の皆さんは投げ技を皆スープレックスと呼んでいるが、スープレックスと呼ばれるものは、後ろから相手の胴をクラッチして反り投げ、ブリッジで固めるものだけだ。それ以外の投げ技は「サルト」であって、相手の腕を前から掴んで投げるものはスロイダー

(wiki スープレックスより)

剛鬼ツイストコブラ

ツイストコブラ

効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻1600/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「剛鬼」モンスター1体をリリースし、
自分フィールドの「剛鬼」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、リリースしたモンスターの元々の攻撃力分アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「剛鬼ツイストコブラ」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

剛鬼モンスターの攻撃力をほかのモンスターに上乗せする効果。

戦闘にはもっぱら強いテーマのようですね。

 

単純に大きな攻撃力のモンスターを超えるのに役立ちますし、相手ターンにも使えるため、除去をすかすことにも使えます。

 

コストとして剛鬼をリリースしますが、剛鬼は墓地に送られるとサーチできるので、アドバンテージは失いませんね。

 

自身を即リリースして、単に剛鬼サーチカードともつかえますし、案外小回りが利きそう。

 

ツイストコブラは下のような技。

f:id:gakutai:20170412235647j:plain

かっこいい。

剛鬼ライジングスコーピオ

ライジングスコーピオ

効果モンスター
星5/地属性/戦士族/攻2300/守 0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスターが存在しない場合、または「剛鬼」モンスターのみの場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「剛鬼ライジングスコーピオ」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

リリースなしで召喚できる半上級モンスターですね。

打点が最も高い。

 

リンク召喚ですから、あまりレベルは関係なく、単なるリンクできないときの打点要員でしょう。

 

名前はスコーピオライジングという技からきているようです。

片膝立ちした相手の脚などを踏み台にして仕掛ける、飛び膝蹴りの一種。開発者は武藤敬司。相手を踏み台にして攻撃を仕掛けるという今までにない独創性豊かな技であるため、多くのレスラーによって使われている。

シャイニング・ウィザードの別名らしいです。

剛鬼ザ・グレート・オーガ

ザ・グレート・オーガ

リンク・効果モンスター
地属性/戦士族/攻2600
【LINK-3:左下/下/右下】
「剛鬼」モンスター2体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドのモンスターの攻撃力は、そのモンスターの元々の守備力分ダウンする。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりにこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を破壊できる。

全体的な攻撃力ダウンと、破壊の身代わり効果。

 

リンク3で、しかも下方向すべてにマーカーがついておりEXゾーンにおいておくには完成形のようなモンスターです。

 

剛鬼モンスターは守備力ゼロですし、自身はリンクモンスターで守備力はない影響を受けません。

攻撃力・守備力ともに高いモンスターが多いため、この一枚で大抵のモンスターは処理でいるようになりそう

 

破壊身代わり効果も、剛鬼を破壊すればアドバンテージ損失はありません。

耐性・ステータス・矢印のどれをとっても優秀です。

剛鬼再戦

剛鬼再戦

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のレベルの異なる「剛鬼」モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

一枚で2枚特殊召喚できるカード。

弱いわけがないですね。

 

デメリットがほとんどないため展開の途中でぜひほしいカード。

サーチできますし、効果は無効になりませんし、すごく強い

回し方

剛鬼はトリックスターとうって変わってリンク召喚が少し大変そう。

展開できるモンスターが今のところスープレックスしかいないため、モンスター2体並べて、戦闘破壊され再戦と適当なモンスターサーチからのザ・グレート・オーガに。

 

ですが心配いりません。

地属性テーマには強い味方のミセスレディエントがいます。

 

手札にスープレックス+剛鬼モンスターがいるとき、スープレックス召喚→剛鬼モンスター特殊召喚→2体でミセスリンク召喚→剛鬼二枚の②効果発動→再戦と適当な剛鬼サーチ

で、次のターンにグレート・オーガをリンク召喚できるようになります。

 

また、再戦を打つことで、デコード+剛鬼の盤面に。

デコードの効果を使えば剛鬼をサーチできますし、デコードも2800になるため、デコードをできるだけ出したほうがよさそう。

 

剛鬼が地属性でよかった…

 

1ターン目でリンク召喚できるようにデュアルサモンを入れても良いかも。

現状では召喚権を食い争いすぎてちょっと飽和状態です。

 

出すのは少しきついですが、グレート・オーガを出せれば戦闘ではなかなか負けないでしょうが…

 

むしろ2ターン目以降にリンク召喚できれば良いと割り切って、カメンレオンなどのシンクロギミックをいれてもよいかもしれませんね

相性の良いカード

ブリリアント・フュージョン

永続魔法
「ブリリアント・フュージョン」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時に自分のデッキから
「ジェムナイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体を、攻撃力・守備力を0にしてエクストラデッキから融合召喚する。
このカードがフィールドから離れた場合にそのモンスターを破壊する。
(2):1ターンに1度、手札の魔法カード1枚を捨てて発動できる。
このカードの効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は相手ターン終了時まで元々の数値分アップする。

召喚権を増やすと言ったらブリリアントセットです。

ジェムナイト・セラフィを融合召喚!

墓地に光属性とジェムナイトモンスターを送りましょう。

 

剛鬼の動きが安定するまでの時間稼ぎとして、トリッククラウンを送ることで、ランク4でも戦えるのが強いですね。

メタルフォーゼ

(1):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、デッキから「メタルフォーゼ」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。

剛鬼は墓地に送られるとサーチできるため、自軍を破壊してサーチしていくメタルは好相性。

剛鬼を巻き込んで融合してもよいですしね。

 

メタル剛鬼は割とありな気がします。

値段も安いですしね。

アストログラフ・マジシャン

ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000
【Pスケール:青1/赤1】
「アストログラフ・マジシャン」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを破壊し、手札・デッキから「星読みの魔術師」1体を選び、
自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、このターンに破壊されたモンスター1体を選び、
その同名モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。
(2):フィールドのこのカードを除外し、自分の手札・フィールド・墓地から、
「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」「シンクロ・ドラゴン」
「フュージョン・ドラゴン」モンスターを1体ずつ除外して発動できる。
「覇王龍ズァーク」1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

ザ・グレート・オーガやメタルで剛鬼を破壊したときにアストログラフを出し、そのままサーチできれば非常にうれしい。

 

打点にも、デコードやガイアなどのリンク召喚にも、なんにでも使ってやりましょう。

トランスターン

通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
墓地へ送ったモンスターと種族・属性が同じで
レベルが1つ高いモンスター1体をデッキから特殊召喚する。
「トランスターン」は1ターンに1枚しか発動できない。

一番癖がなく、相性がよさそうなカード。

 

剛鬼を対象にとると、墓地肥やし・サーチ・リクルートができます。

レベルも3・4・5とそろっていますしね。

M.X-セイバー インヴォーカー

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/地属性/戦士族/攻1600/守 500
レベル3モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから、戦士族または獣戦士族の地属性・レベル4モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

スープレックスをリクルートできるカード。

自身も地属性ですから、即座に二枚でミセスになれ、ぐるぐる回るようになりますね。

 

ランク3ですから、各種出張を使って展開を…

蛮族の狂宴LV5

通常魔法
(1):自分の手札・墓地から戦士族・レベル5モンスターを2体まで選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、
このターンそのモンスターは攻撃できない。

スコーピオを展開・使いまわしができるカード。

攻撃できないデメリットも、リンクすれば特に問題ないです。

カメンレオン

チューナー・効果モンスター
星4/地属性/爬虫類族/攻1600/守1100
このカードは自分フィールドに
レベル5以上のモンスターが存在しない場合のみ召喚できる。
このカードの効果を発動するターン、
自分はエクストラデッキからの特殊召喚及びこのカードの効果でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の守備力0のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

守備力ゼロの剛鬼を吊り上げシンクロに使えるモンスター。

デメリットが少し痛いですが、中盤終盤で引ければ相当強力です。

 

レベル7・8・9は強力なシンクロそろってますからねー。

www.kurokami-cc.com

デッキ

めちゃくちゃ仮ですが、一応組んでみました。

完全にアストログラフを忘れていましたので、剛鬼やメタルをいくつか削って2・3枚入れておきたいですね。

 

メタルで展開していき、剛鬼を破壊→剛鬼サーチ→メタルの魔法か罠セット→アストログラフを特殊召喚→剛鬼サーチの流れが強そう。

 

また、召喚権を増やすためにオフリスダーリングセットを投入。

インヴォーカーを作って剛鬼をリクルート→ミセスリンク召喚の流れが強いですからね。

 

罠などの汎用は相当粗削りですが、剛鬼は破壊されてもよいため、激流葬を一応いれておきました。

 

エクストラはシンクロを何枚かと、ランク4を入れておけばよさそうですね。

まとめ

剛鬼単体では少し厳しそうですが、共通効果が強い分、今後どんどん強力になってきそう。

安価で集められるテーマですし、リンク召喚も体感できるため、ぜひ組んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク