黒髪公民館

堕落した理系大学生のブログ。遊戯王プレイヤーでファーニマルを使って早一年。主に大学生活のこと、遊戯王考察、日記など。思ったまま更新を。

サイバース族関連をまとめました。電脳世界テーマの新種族!

新アニメが始まり、遊戯王に新種族が登場しましたね!

 

サイバース族です!

f:id:gakutai:20170420115525j:plain

 属するカードの傾向としては、「サイバー」を名に含んでいることもあってかコンピューター・電脳の雰囲気を持つものが多く、カード名にも関連用語が多く取り入れられている。
種族名・カード名共に機械族を髣髴とさせるものが多いが、モンスターの容姿は魔法使い族や獣族に分類されそうなものもあり多種多様である。

遊戯王カードWiki - サイバース族

出てきて間もないため、全体的にまとまりがあるわけではなくデッキを組むのは少し難しそうですが、幻竜族やサイキック族の例を見るに、今後デッキが組めるようになることは間違いなし!

 

リンク召喚も得意そうだ!

 

と、いうわけで、現状のカードをまとめていきましょう!

(リンクツナガリデコチラモドウゾ…)

www.kurokami-cc.com

[:contents]

Vジャンプ 5月号

サイバース・ガジェット

サイバースガジェット

効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1400/守 300
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効になる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドに「ガジェット・トークン」(サイバース族・光・星2・攻/守0)1体を特殊召喚する。

召喚時墓地のレベル2以下モンスターをssできる効果。

そのままリンク召喚につなげれます。

チューナーを蘇生すればレベル5・6シンクロにつなげられます。

 

そして、②の効果。

シンクロ・リンク召喚につながるとトークンを生み出せ、連続リンク召喚を行えます。

 1枚でリンク3にアクセスできます。

 

本当にいろんなことができるカード。

 

墓地にレベル2チューナーがいれば、サイバースガジェットをnsレベル2チューナーを蘇生瑚之龍をシンクロ→トークンと瑚之龍でレベル8シンクロとつなげることができます。

 レベル8は優秀なモンスターがあつまっていますが、スカーライトあたりが無難かな。

www.kurokami-cc.com

 

また、墓地にレベル1チューナーがいれば、サイバースガジェットnsレベル1チューナー蘇生アクセルシンクロンをシンクロ召喚アクセルシンクロン効果でジェットシンクロンを墓地に送り、自身をレベル6に→アクセロンとトークンでレベル8闇属性ドラゴン族をシンクロ→墓地のジェットロンを蘇生してえん魔竜 レッド・デーモン・アビスをシンクロ召喚

 

サイバース族関係なく、優秀なモンスターです。

 

STARTER DECK 2017

ビットロン

ビットロン

通常モンスター
星2/地属性/サイバース族/攻 200/守2000
電子空間で見つけた新種。
その情報量は少ない。

 通常モンスターのかわいいカード。

予想GUY・レスキューラビットなどに対応している唯一のサイバース族ですね。

 

意外と守備力が高いので最悪壁運用も…

 

地属性・サイバース族・通常モンスターと、様々なリンクモンスターの素材になれますね。

情報量は少ないとありますが、1bitは0と1の2種類の情報量しか持たないので、思ったより少ないですね。

ドラコネット

ドラコネット

効果モンスター
星3/闇属性/サイバース族/攻1400/守1200
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札・デッキからレベル2以下の通常モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

ns時に手札デッキからレベル2以下の通常モンスターをssできる効果。

 

ns時にほかのカードを手札からssは今まで多かったですが、デッキからもssできるのは強いですよね。

1枚でリンク召喚はもちろん、チューナーをssすればシンクロもできます。

 

現在レベル2以下の通常モンスターチューナーは、ガード・オブ・フレムベル、ウォーター・スピリット、ギャラクシーサーペントの3枚。

レベル4・5シンクロは小回りが利くカードも多いため、リンクデッキの絡めてに使ってもよさそうですね。

www.kurokami-cc.com

www.kurokami-cc.com

 名前由来のピコネットとは、Bluetoothにおいて作られる繋がりのようなもの。

非常に狭い範囲をつなげるため、レベル2以下の通常モンスターと、狭い効果範囲になっていますね。

RAMラムクラウダー

RAMクラウダー

効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1800/守1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスター1体をリリースし、
自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

自身のモンスターをリリースして、墓地のサイバース族モンスターをssできる効果。

もちろん自分をリリースしてもよいため単純にサイバース族の蘇生に使えたり。

 

特に制限もないため、上級モンスターやリンクなど、出しにくいモンスターを蘇生したいですね。

 

何かと便利なファイアー・ウォール・ドラゴンをリリース、そして蘇生させると、またファイアー・ウォール・ドラゴンのバウンス効果をつかえます。何かに使えそう。

www.kurokami-cc.com

 RAMとはRandom Access Memoryの略。

スマホやPCなどに使われるメモリですね。

ROMと似ていますが、こちらは書き込みも取り出しもできる特徴があります。

中学生時代はDVD-ROMとDVD-RAMの違いが判らず困っていた思い出があります。

 

クラウドコンピューティングはコンピュータ資源の利用形態の一つ。

リリースして墓地から蘇生という効果からRAMとクラウドコンピューティングをとっているんですね。

リンクスレイヤー

リンクスレイヤー

効果モンスター
星5/地属性/サイバース族/攻2000/守 600
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):1ターンに1度、手札を2枚まで捨て、
捨てた数だけフィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 自分フィールドにモンスターがいないときにssできる効果。

サイバードラゴンよりも緩い条件で、主にターンの初めに特殊召喚することがおおいでしょう。

 

また、2の効果も優秀で、いらない手札をサイクロンに変えれますね。

相手にとっては、このカードに罠を打たなければならず面倒くさい!

 

1枚でいろんなことができるモンスターで、サイバース族関係なく採用することもありそう。

スタンデッキには間違いなく入るでしょう。

リンク・スパイダー

リンクスパイダー

リンク・効果モンスター
リンク1/地属性/サイバース族/攻1000
【リンクマーカー:下】
通常モンスター1体
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル4以下の通常モンスター1体をこのカードのリンク先に特殊召喚する。

トークンをリンクモンスターに変換できるカード。

このカードのおかげでトークン精製モンスターの価値がバク上がりしましたね。

ダンディやゴウフウの命綱です。

 

効果は手札の通常モンスターをss。

基本的に使うことはないと思いますが、リンク2につなげやすいですね。

 

名前のスパイダーはwebから来てるんでしょうかね。

効果も糸でつながってるようですし。

ハニーボット

f:id:gakutai:20170420204104j:plain

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/サイバース族/攻1900
【リンクマーカー:左/右】
サイバース族モンスター2体
(1):このカードのリンク先のモンスターは効果の対象にならず、戦闘では破壊されない。

サイバース族2体でリンク召喚できるモンスター。

また、リンク先のモンスターに効果対象にならないことと、戦闘破壊耐性を付与できます。

2枚並べれば強固になりますね。

 

RAMクラウダーでリリースし、蘇生することで、EXモンスターを3枚展開できるようになります。

 

名前やイラストから、蜂をモチーフにしていることはわかりますが、wikiによると、サイバー的な意味もあるよう。

名前は「ハニーポット」と「ロボット」を組み合わせた言葉だろう。
「ハニーポット」とは、コンピューターセキュリティ業界における言葉で、サイバー攻撃を観測したり、メインの情報を守るためにあえて無防備に晒しておく囮のサーバーのことを指す。
このカードは「味方に耐性を付与できるが、自身には何の耐性もない」という、元ネタに忠実な効果を持っている。

遊戯王カードWiki - 《ハニーボット》

おとりですから、アクセスされることに意味があり、逆にウィルスなどアクセスしてきたものを検知し、本体にアクセスされないよう対策することにも使われてるそうです。

デコード・トーカー

デコードトーカー

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左下/右下】
効果モンスター2体以上
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
(2):自分フィールドのカードを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

意外と高打点になるリンク3モンスター。

また、自身フィールドのカードをリンク先をいけにえに守れる効果も。

 

使うことは現在あまりないですが、覚えておきたいですね。

サイクロンなども防げるのはうれしい。

 

せっかく最高3800までいけますから、相手にするときも自分で使うときも気を付けたいです。

 

マーカーも優秀で、EXゾーンに出すにはうってつけ。

主人公のエースのようですし、期待できますね。

CODE OF THE DUELIST

スタック・リバイバー

スタックリバイバー

効果モンスター
星2/闇属性/サイバース族/攻 100/守 600
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードを素材としてリンク召喚した場合、このカード以外の自分の墓地の、
そのリンク召喚の素材としたレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 リンク素材になると、自身以外のリンク素材を特殊召喚できる効果。

 

デュエル中一度しか使えませんが、蘇生したモンスターの効果は消されないためこの類の効果では優秀なほうです。

 

起動効果でモンスターを増やせるサイバース族が増えれば日の目を浴びることが増えそう。

現在でも高リンクにつながるため優秀ですけどね。

 

スタックとは、処理中のデータを一時的に退避させること。計算など、一度結果を処理してから入力したほうが良い場合などに使われますね。

遊戯王のチェーンのように、後入れ先出しで計算していきます。 

バックアップ・セクレタリー

バックアップセクレタリー

効果モンスター
星3/光属性/サイバース族/攻1200/守 800
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):自分フィールドにサイバース族モンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

サイバース族が自分フィールドにいる場合特殊召喚できるモンスター。

ランク2ならばすぐに特殊召喚できるようになります。

現状リンクモンスターはサイバース族に偏っているため、高リンクモンスターにつなげるときも使えます。

 

召喚時にサイバース族をサーチできるモンスターが来ればなかなか強力になりそうです。

 

バックアップはスマホなどが一般化してよく聞くようになった言葉です。

データが消えたときように、ほかの場所にデータを保存しておくことです。

また、効果的にも後方支援的な意味も含んでそう。

サイバース・ウィザード

サイバースウィザード

効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1800/守 800
(1):1ターンに1度、相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示にする。
この効果で守備表示にしたターン、自分のモンスターは対象のモンスターしか攻撃できず、
自分のサイバース族モンスターが対象の守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

モンスターを守備表示にさせる効果と、貫通ダメージを与える効果。

現状では一体にしか攻撃できなくなる制約が厳しく、あまり使えません。

 

ですが、今後相手モンスターに戦闘破壊耐性を付与するカードが出てくれば日の目を浴びるでしょう。

イラストが非常にかっこいいので、是非ともつかいたい。

ランチャー・コマンダー

ランチャーコマンダー

効果モンスター
星4/地属性/サイバース族/攻1700/守1200
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースし、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

サイバース族モンスターのパンプアップと、サイバース族モンスターをリリースして相手モンスターを破壊する効果。

 

自身は攻撃力が上がらないため、サイバース族2体を並べないと意味がないため使い辛いでしょう。

 

②の効果は弱くはないですが…

自身もリリースできるため、戦闘もできる除去札くらいに考えておいたほうがよいでしょう。

 

ランチャーとはよく使うアプリなどのショートカットを呼び出す機能のこと。

Windowsでいえばスタートボタンのことです。

コマンダーはコマンドのことでしょうね。

サルベージェント・ドライバー

サルベージェントドライバー

効果モンスター
星6/光属性/サイバース族/攻2200/守2100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、
自分フィールドのサイバース族リンクモンスターが相手によって破壊された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):手札から魔法カード1枚を捨て、
自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン直接攻撃できない。

サイバース族リンクモンスターが相手によって破壊されたとき、手札・フィールドから特殊召喚できる効果。

各種除去で発動機会は多いでしょう。

 

手札の魔法と引き換えにサイバース族モンスターを蘇生できるため、早く場に出しておきたいですね。

レベルは6で、比較的アドバンス召喚しやすく、また①効果でも特殊召喚できるため使う機会は多そう。

 

蘇生にレベルやリンクの制限はないため、RAMクラウダーで出せればなかなか美味しいです。

コストに魔法を使うのが少し重く感じますが、今後墓地で効果を使える魔法も増えるでしょう。

トポロジック・ボマー・ドラゴン

トポロジックボマードラゴン

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
効果モンスター2体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在し、
フィールドのリンクモンスターのリンク先にこのカード以外のモンスターが特殊召喚された場合に発動する。
お互いのメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。
このターン、このカード以外の自分のモンスターは攻撃できない。
(2):このカードが相手モンスターを攻撃したダメージ計算後に発動する。
その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

リンク4の時限爆弾!

リンク先にモンスターが特殊召喚されればメインモンスターゾーンのモンスターをすべて破壊!

 

マーカーは自分に3つと相手に一つあるため、是非ともEXゾーンに出したいですね。

アマリリスを使って先行ワンキルしたり、トリックスターなどを使い毎ターンメインゾーンを激流葬したりと、派手な効果は大活躍。

EXゾーンに出しておけば、おのずと相手のモンスター展開を止めれます。

 

破壊効果だけでなく、戦闘も強力。

自身が3000ですし、モンスターを破壊すれば、もともとの攻撃力分のダメージを与えれますから、攻撃表示の場合、最低でも3000打点は与えれます。

守備表示のモンスターに攻撃してもダメージを与えれるのはうれしいですね。

 

トポロジーとは、いろんなコンピュータ機器をつなげる方法のことらしいです。

つなげ方にはいろいろあるらしく、なんとなくリンクモンスターっぽい。

 

無造作につなげるよりも、系統立ててつなげるほうが、効率が良くなり、障害もなくなるそうです。

ファイアウォール・ドラゴン

ファイアウォール・ドラゴン

リンク・効果モンスター
リンク4/光属性/サイバース族/攻2500
【リンクマーカー:上/左/右/下】
モンスター2体以上
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、
自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードのリンク先のモンスターが、
戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。

相互リンクの数だけバウンスできる効果と、リンク先が墓地へ送られたときに手札から特殊召喚できる効果。

 

1ももちろん強いですが、度が過ぎているのが②の効果。

ターン1制限がないのはちょっときつすぎますね。

 

リンク先をリンクに使うと、手札からモンスターが出てきて、そのモンスターとリンクモンスターをリンク召喚して…と、手札が続く限り展開できます。

エクストラリンクを一気に現実的にしたカードです。

 

ガジェットやロンファとの相性が特によいですね。

www.kurokami-cc.com

いずれ制限になると思いますが、現在はジャンプについてきているため、250円で買えます。

使えるうちに使っておきましょう。

Vジャンプ 7月号

リンク・ディサイプル

リンクディサイプル

リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/サイバース族/攻 500
【リンクマーカー:下】
レベル4以下のサイバース族モンスター1体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先のモンスター1体をリリースして発動できる。
自分はデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。

新たな リンク1。

リンク先のモンスターをリリースすることで一枚ドローできるカード。

フォーミュラのような立ち位置になりそうですね。

 

墓地に送るカードはトークンや墓地で効果を発動できるカードが良い。

 

リンクスパイダーとリンク1枠を取り合いそうですね。

ストラクチャーデッキ-サイバース・リンク-

デジトロン

デジトロン

通常モンスター
星2/地属性/サイバース族/攻1500/守 0
電子空間で見つけた亜種。
その情報量は心なしか少し多い。

ビットロンの亜種。

攻撃力が高い代わりに守備力は0。

 

使い方はビットロンと同じで、レスキューラビットからリンクバンパーなどにもつなげれます。

 

情報量は少し多いらしいです。

ドットスケーパー

効果モンスター
星1/地属性/サイバース族/攻 0/守2100
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、
いずれか1つしか使用できず、それぞれデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

墓地に贈られると特殊召喚する効果+除外されたらこのカードを特殊召喚できる効果。

それぞれ強力な効果ですから、デュエル中一度しか使えない縛りがあります。

 

シンクロデッキでのバルブ・スポーアのような汎用カードになりますね。

ロンファのようにデッキから引っ張れるカードが来てからが本領発揮でしょう。

 

リバイバーやサイバースガジェットと組んで出張セットになってほしいです。シンクロにも使えそうなので。

 

ドットはイラストのまま、ファミコンなどのドットです。

スケーパーは風景を描く人。

クラインアント

効果モンスター
星3/光属性/サイバース族/攻1500/守1500
(1):通常召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドのサイバース族モンスターの攻撃力・守備力は、自分ターンの間500アップする。
(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに自分の手札・フィールドのサイバース族モンスター1体を破壊できる。

サイバース族の攻守を500上げる効果。

また、破壊の代わりに手札のサイバース族を破壊できる効果。

 

サイバース族デッキは大量展開からのワンショットっぽいので、通常召喚したこのカードが場に残るとは考えられません。

 

破壊の代わりに手札を破壊できる効果は使えそう。

自分で破壊しても良いため、ドラDや炎王と絡めれるか。

 

クライアントはコンピューターではポストユーザーのことですね。

バックリンカー

効果モンスター
星3/闇属性/サイバース族/攻1600/守 0
(1):EXモンスターゾーンに相手モンスターのみが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードをリリースして発動できる。
EXモンスターゾーンのモンスターを全て持ち主のデッキに戻す。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

EXゾーンに相手のみモンスターがいる場合に特殊召喚できるモンスター

後攻一ターン目につかうことが多いでしょう。

 

②の効果はEXゾーンのカードをバウンスできる効果。

①で特殊召喚し②でバウンスすれば単純に1対1交換です。

エクストラリンクなど、大量展開された後に使えればおいしいですが、そうなってくるとこのカードを止めれる手段を持たないほうが不自然に。

 

自分がEXモンスターを出せなくなるのが意外と厳しいかも。

 

バックリンカーはバックリンクから来ているよう。

リンクされている状態らしいです。

 

ブログがアンテナに乗った時のようなものでしょう。

バランサーロード

効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1700/守1200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。
このターン自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにサイバース族モンスター1体を召喚できる。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。

1000ライフ払うことでサイバース族限定で再度召喚できる効果。

単純にランク2につなげれる良効果。

 

サイバースガジェットやドットスケーパーを絡めれば、もっと高リンクへとつなげられます。

 

除外されたときに手札から特殊召喚できるモンスターは、所属に縛りがないので、意外と使い道が多そう。

どこから除外されてもよいのはうれしいですね。

 

ウォードバランサーは負荷分散装置のこと。

サーバーを分散させる効果と召喚権を増やせる効果は似ているイメージありますね。

ブート・スタッガード

効果モンスター
星5/光属性/サイバース族/攻2300/守 500
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにサイバース族モンスターが召喚された時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
自分フィールドに「スタッグトークン」(サイバース族・地・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

サイバース族モンスターの召喚時に自らも特殊召喚できるモンスター。

レベル5でも出しやすいため、単純な打点にももってこい。

 

ダメージを与えると、サイバース族のトークンを出せるため、リンク3につなげやすい。

リンクスレイヤーと一緒にデッキに入れておけば、ランク5戦術も取れるでしょう。

 

ハードディスクを同時に動かすと負担がかかるため、時間差で動かす仕組みらしいですね。

デュアル・アセンブルム

効果モンスター
星8/闇属性/サイバース族/攻2800/守1000
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、
手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
サイバース族モンスター2体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの攻撃力は半分になる。
(2):1ターンに1度、手札を1枚除外して発動できる。
このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つフィールドのモンスター1体を選んで除外する

ストラクチャーのエースカードでしょう。

手札・墓地からサイバース族モンスターを除外することで特殊召喚できる効果。

ですが、打点は1400になります。

 

②の効果は手札一枚を除外することで、このカード以下の攻撃力のモンスターを除外できる効果。

対象に取らない除外で強力。

ですが、①効果で出すと1400で、そもそも2800打点ですから、少し物足りないかもしれません。

 

バランサーロードやドットスケーパーを除外することでさらなる展開が望めるカード。

やっぱりRAMクラウダーが過労死かも。

使い方次第ですが、自身を特殊召喚するカードが増えるたびに強くなりそう。

サイバネット・バックドア

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、そのモンスターの元々の攻撃力より低い攻撃力を持つ
サイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。
この効果で除外したモンスターは次の自分スタンバイフェイズにフィールドに戻り、
そのターン直接攻撃できる。

サイバースモンスター一枚を除外し、攻撃力が低いサイバース族モンスターをサーチする効果。

除外されたいカードはいくつか収録されるそうですが、攻撃力や出しやすさを考えるとバランサーロードを除外かなー

 

また、除外したモンスターは次の自分のスタンバイフェイズにフィールドに戻り、そのターン直接攻撃できるようになります。

 

デュアル・アセンブルムを①の効果で出し、このカードで除外しサーチ、そしてこのカードをもとに戻すと打点は元通り2800。

 

ほかにもリンクモンスターを除外してEXゾーンを空けるなど。

いろんな使い方ができそうですね。

リコーデッド・アライブ

通常罠
(1):自分のフィールド・墓地のリンク3のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、EXデッキから「コード・トーカー」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):EXモンスターゾーンに自分のモンスターが存在しない場合、墓地のこのカードを除外し、
除外されている自分の「コード・トーカー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

まさかの「コード・トーカー」をカテゴライズ。

フィールド・墓地からリンク3サイバース族を除外することで「コード・トーカー」と入れ替えできます。

 

アドバンテージの観点からできれば墓地からしたいですね。

また、除外されている「コード・トーカー」を特殊召喚する効果も完備。

 

これにより、墓地のデコードを除外しエンコード特殊召喚→このカードを除外しデコードを特殊召喚という動きが可能に。

 

どのくらい「コード・トーカー」が出るかはわかりませんが、いろんなコードを状況に応じて展開して戦うデッキは面白そう!

エンコード・トーカー

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/下/右下】
サイバース族モンスター2体以上
(1):1ターンに1度、このカードのリンク先の自分のモンスターが、
そのモンスターより攻撃力が高い相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
そのダメージ計算後、このカードまたはこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を選び、
その攻撃力をターン終了時まで、その戦闘を行った相手モンスターの攻撃力分アップする。

縛りがあるため少し専用構築にしないとだせませんね。

リンクマーカーも上・下・右下と、EXリンクに便利。

 

考察はこの記事で行っているので見ていただきたいです。

www.kurokami-cc.com

トライゲート・ウィザード

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/サイバース族/攻2200
【リンクマーカー:左/上/右】
トークン以外のモンスター2体以上
(1):このカードと相互リンクしているモンスターの数によって以下の効果を得る。
●1体以上:このカードと相互リンクしているモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、
そのモンスターが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
●2体以上:1ターンに1度、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
●3体:1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし除外する。

相互リンクしている数で効果が強力になっていくカード。

 

素材もトークン以外のモンスターと、緩めです。

 

三体相互リンクすると、万能のカウンター+除外と強力ですね。

万能カウンター+フリーチェーン除外+戦闘ダメージ倍と化け物のようなリンクモンスター。

 

マーカーも上と左右で、モンスターゾーンに出せばどこかとはつながれる仕様です。

バイナル・ソーサレス

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/サイバース族/攻1600
【リンクマーカー:左/右】
トークン以外のモンスター2体
(1):このカードと相互リンクしているモンスターの数によって以下の効果を得る。
●1体以上:このカードと相互リンクしているモンスターが
相手モンスターとの戦闘で相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
その数値分だけ自分のLPを回復する。
●2体:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター2体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、そのモンスター2体の内1体の攻撃力を半分にし、
その数値分もう1体の攻撃力をアップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

トークン以外を素材と、緩い条件で出せるモンスター。

 

モンスターの攻撃力の半分を移し替える効果を持っています。

最初の印象は微妙そのものですが、

相手ターンでも発動できる効果ですから意外と便利かも。

CIRCUIT BREAK

リンク・バンパー

リンクバンパー

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/サイバース族/攻1400
【リンクマーカー:上/左】
サイバース族モンスター2体
(1):1ターンに1度、このカードのリンク先の自分のモンスターが
相手のリンクモンスターに攻撃したダメージステップ終了時に発動できる。
このバトルフェイズ中、そのモンスターは通常の攻撃に加えて、
このカード以外の自分フィールドのリンクモンスターの数まで、相手のリンクモンスターに攻撃できる。
この効果を発動するターン、そのモンスター以外の自分のモンスターは攻撃できない。

 サイバース族モンスター2種類と縛りはあります。

効果もリンク先のモンスターの攻撃回数を増やすものですが、相手のリンクモンスターにだけで、いまいち。

 

うーん、これは使いずらいのか…

 

そんなことはありません。このカードの強いところはマーカーの向き。

上と左

これまでは左右対称なマーカーが多かったのですが左右非対称。

相互リンクにめちゃくちゃ便利!

 

ソリティアデッキで大活躍しそうですね。

 

バンパーということで、ピンボールモチーフ。

SRみたいな見た目ですね。

ワンタイム・パスコード

f:id:gakutai:20170610202253j:plain

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「セキュリティトークン」(サイバース族・光・星4・攻/守2000)1体を
守備表示で特殊召喚する。

サイバース族のトークンを出せる効果。

一枚でリンクスパイダーやリンクディサイプルを特殊召喚できます。

 

RAMクラウダーのリリース用に使うこともできます。

 

ワンタイムパスコードとは一回限りに使えるパスワード。

セキュリティに便利ですね。

www.kurokami-cc.com

スポンサーリンク