黒髪公民館

堕落した理系大学生のブログ。遊戯王プレイヤーでファーニマルを使って早一年。主に大学生活のこと、遊戯王考察、日記など。思ったまま更新を。

【考察】エンコード・トーカー判明。白くてかっこいい新エース

こんにちは、楽隊です。

 

6月。世間ではじめじめした梅雨の時期ですが、遊戯王OCG界では、新ストラクチャーデッキが発売される月となっております。

 

ところでみなさん、6月のストラクチャーは環境に入るとのうわさは聞いたことがありますか?

 

そんなのたまたまだろうと信じていませんでしたが、実際に調べてみると、暗黒界から始めり、

遊戯王ゼアル OCG ストラクチャーデッキ デビルズ・ゲート

海皇、青眼、HERO、最近ではABCやマスターオブペンデュラムまでもが、なんと6月ストラク。

遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム ストラクチャーデッキ マスター・オブ・ペンデュラム

6月ストラクは環境入りする説は濃厚になってきました。

 

そんな6月発売のストラクチャーデッキ、ストラクチャーデッキ-サイバース・リンク-に収録される新規カード、エンコード・トーカーについての考察です。

効果

光属性
サイバース族・リンク ATK/2300
サイバース族モンスター2体以上
①:1ターンに1度、このカードのリンク先の自分のモンスターが、そのモンスターより攻撃力が高い相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。そのダメージ計算後、このカードまたはこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで、その戦闘を行った相手モンスターの攻撃力分アップする。
【LINK-3:上/下/右下】

考察

f:id:gakutai:20170602004135j:plain

素材指定としてサイバース族2体とついており、デコード・トーカーより汎用性で劣っている印象ですが、実際にリンク召喚を決めるときはプロキシ+他や、ガイアセイバー+何かなど、サイバース族リンクモンスターを使う機会が多いですね。

 

思ったほど素材が重いとは感じられませんでした。

 

リンクマーカーは左右非対称で、左側のEXゾーンにおいてくれと言わんばかりです。

これはスピードデュエルの影響もあるでしょう。

 

デコードトーカーよろしく、上にもマーカーがあるため、相手にもモンスターの展開を考えさせれます。

 

効果は簡単に言ってしまえばモンスターの攻撃と引き換えにオネスト。

相手のモンスターが強ければ強いほど相手にダメージを与えられます。

 

リンク先のモンスターが相手モンスターと戦闘を行いますが、ダメージも破壊もされません。

意味あるの?と思ってしまいますが、オネストなど戦闘時に使えるカードを使えるため、一ターンで大ダメージを与えることができるかも。

 

光属性ですから、もちろん自身に使うこともできますしね。

 

また、攻撃力アップはターン終了時まで続くため、連続攻撃と相性も良いです。

エンコードトーカー自信を二回攻撃にするならば、シャーク・フォートレスが一番使いやすそうですし、それ以外にもガガガザムライをリンク先に置き、打点を上げて使えます。

 

その他リンクモンスターはこちらから

www.kurokami-cc.com

まとめ

イラストのカッコよさにひかれて思わずデッキを組んでしましそうです。

エンコードという名前に似合う盾を装備ということで、ほかの属性のトーカーが出てきたら愉快なEXデッキになりそうです。

 

レコードトーカーとか出てくるのかな?

 

効果も一風変わっていますので、専用構築にしてもおもしろそうですね。

 

 

 

スポンサーリンク